読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶんげいしゃだより

都内のどこかにある「ぶんげいしゃ珈琲店」。今日も本好きが集まって、本について話に花を咲かせます――。by 文芸社

ホンシェルジュの本棚 2

ぶんげいしゃ珈琲店のホンシェルジュ、ポリーニです。

ホンシェルジュは、本のコンシェルジュ。

文芸社から出版された本の中から、これはと思う一冊をおすすめします。

 __________________________________

第2回のテーマは「大切なものは何?」です。

今回ご紹介するのは、

『さがしにいこう』はらなお:文・絵

「小さなもりの小さなおうち」を舞台にした幸せを呼ぶ物語。

風邪をひいて寝込んでいる友達に「いいもの」を探してあげようとする、こぐまを描いた絵本です。

独特なタッチと透明感のある美しい色合いは、異次元の世界へいざないます。

f:id:gergiev:20170413191224j:plain

「いいもの」を探しにいくこぐまが、すてきなマーケットにでかけ、本屋によったり・かばん屋・ケーキ屋と迷いながら探します。

そうそう、結末は、はっとして心が洗われます。

普段気が付かないところに大切なものがあるのだと、作者の繊細な心遣いを感じる温かな仕上がりです。

他人を思いやること、これほど幸福なことは無いかも知れません。

読み手の心を満たす、ほのぼのとしたストーリー、多くの子どもたちに「よみきかせ」をしたい絵本です。

そうすれば、あなたも幸せな気持ちになるでしょう。是非、手に取ってください。

 __________________________________

初版第1刷に文章の誤りがございます。(2017年1月15日初版第1刷)

16頁の3行目、「はなたちは」となるべきところが、「なはたちは」となっています。

 お詫びして訂正させていただきます。

 __________________________________

f:id:gergiev:20170413191523j:plain

書籍詳細 : さがしにいこう - 文芸社